現在築40年になる和風建築の家に住んでいます。
数ヶ月前に台所の床だけを張り替えるリフォームを、馴染みの工務店にお願いしてやりました。
というのも、築年数の分、台所の床は歩くたびにブカブカといつ抜けてもおかしくない状態であったので台所全体、床や壁、そして天井、シンクといったものも全てやり変えようと計画していました。

しかし、実際の見積もり金額が予想をはるかに超えてしまい、工務店の方に相談しました。
その話の中で、床だけを張り替え、後で時期を見てそのほかの工事をしてはと提案されました。
素人的な感覚でいうと、床とシンクが密着しているので、床だけ工事したら再度の工事が必要になるのではないかと心配したのですが、床の再工事をしなくて済むように張り替えをすることが可能とのことの説明を受けました。

そこで、ブカブカの床だけの張り替えを行いました。
リフォームは既存の建物に手を加えるので、既製品の工事のようには行かず、馴染みの工務店と懇意にさせてもらっていたことに安心感を感じています。