「住宅リフォームをするのならば、まずはフローリングからだろうなー」なんてことを一戸建てマイホームを建てた時は思っていたものです。しかし実際には、まず先にリフォームが必要となるところは、家の中の床などではなかったのですよね。それは家の外側でした。

必要に迫られて住宅リフォームをすることになったのは、我が家の場合は家の外だったのです。外壁をまず先に住宅リフォームしましたよ。厳密に言えば、住宅リフォームしたところは、外壁だけではなく屋根もです。

つまり家の外側部分をまず先に住宅リフォームすることになったのです。家主の予想に反して、家の外側部分がまず先の住宅リフォームだったのですよね。しかしまあ考えてみれば納得です。だって、一番損傷が激しいのは、家の外側部分なものでしょう。そしてまた住宅リフォームの必要に迫られるのは、やっぱり家の外側部分でしょう。

フローリングは傷がついてはいますが、使えないことはありません。しかし家の外側部分は損傷したままですと、ますます住宅のダメージにつながりますからね。ですから住宅リフォームは家の外側こそ必要となるのです。